気ままな日記

安曇野市 理容こばやしのタイトル通りのブログっす!暇な時に見て貰えたら嬉しいです(´∀`∩)
気ままな日記 TOP  >  スポンサー広告 >  ドラマ・映画 >  ベンジャミン・バトン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ベンジャミン・バトン

嫁さんが、伊那の方でパン教室があり子供と行きました。
今日は、老人ホームでのカットがあったので終わった後に、前から観たかった映画の「ベンジャミン・バトン」を観に行ってきました。

80歳の老体で生まれ、年を取るごとに若返っていき0歳で死んでいく男の波瀾に富んだ人生の旅路を、激動のアメリカ現代史を背景に綴る内容の映画で「セブン」「ファイト・クラブ」に続いて3度目のコンビを組んだデヴィッド・フィンチャー監督の作品だけに、大いに期待して観に行きました

映画の字幕は読んでいると、目が疲れて眠くなってしまうので吹き替え版を上映している松本のシネマ・ライツ8行ったのですが、新しすぎて映画館の中が新車臭いったらありゃしない2つ前に座ってる人のポテトの臭いと混ざって、ハリーポッターの予告の早い映像を観てたら、少し酔い気味に・・・

あくまでも個人の意見ですが、この映画に期待しすぎたのか特に見せ場も無く、感動も無く、嵐とハチドリが象徴的に描かれていたのですが、その意味も汲み取れず、つまらない映画で残念でしたただブラピがかっこよかっただけです。

帰りに、久しぶりに買ってきたSUKIYAの牛丼の方が美味しくて感動しました


[ 2009/02/09 22:25 ] ドラマ・映画 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。